2018年12月6日木曜日

車麩がカキフライに変身する。。。

今年最後の薬膳料理教室。“車麩のカキフライ風 手作りタルタルソース”
☆蓮の実ご飯☆パンプキン🎃スープ☆白玉モンブラン☆薬茶ハンダイカイ
冬の養生。冬自然界では草木が枯れ休眠状態、太陽が出ている時間も短く寒気が増すためにも人も睡眠時間を長くするといい。
養生対策として。腎陰を主とする
補腎***クルミ、蓮子、山芋、キャベツなど。 滋陰***黒豆、かぶ、カニ、牡蠣、チーズなど。補陽(温める作用の食材)***ネギ、ニラ、生姜、ニンニク、黒糖、マグロ、鮭など。
ハンダイカイ茶***喉の薬と言われる、喉の疼痛やいがらっぽい時に効果のある生薬。腸と大腸にも効き便通にも良い。このお茶、外見アーモンドの実のように硬そうに見えるのが、お湯を注ぐとキクラゲのような花が咲いたように。。。
タルタルソースも手作りできちゃうなんて楽しかった〜。車麩の食感は牡蠣フライとほぼ同じ。器は、陶芸家中山典子先生作、陶板皿。どのお料理も美味しく演出できます。
hata先生 &uchida先生、今年1年ありがとう😊ございました。身体も心も元気にしていただきまして感謝します。来年もよろしくお願いいたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿