2018年3月12日月曜日

ユーモラスなポスター作家。

沈丁花の香りがすると春の訪れを感じる自分。
そんなある日、練馬区美術館へ初散歩。4月15日まで開催。
きっとみなさんも目にしたことのあるポスターがあるかと…フランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック。
日本でも多くのファンがいる彼の作品は、はっきりとした色彩と可愛らしくユーモラスなデッサンで!!
今回、練馬区が区政70周年記念展として、これまでにない大規模な展示で、代表作のみならず
大型ポスターや日本企業から発注されたポスター、また原画、スケッチ、パリで実際貼られていた景観写真など200点。
見ごたえがあって、彼の革新的なポスターに感激!!!!!!今年1番のお気に入り!?いや今までで1番!?
きっと思うに、自分の感性に合った作品と出逢えたSAVIGNAC。。。

2 件のコメント:

  1. わ~、色々アンテナ張り巡らして
    さすがAZU~✨そしてユーモアいっぱい😆

    返信削除
  2. yukky~。
    侑君と是非行ってみて!?
    色使いもハッキリしてるしポスターを見るだけども
    楽しめるかと思うわ。春休みに!!

    返信削除